産後脱毛に人気育毛剤を使う場合の注意点

産後脱毛の原因と対策

産後脱毛は、出産により急激に女性ホルモンが減少することが原因です。ストレスや眠れないことが抜け毛を促進してしまいます。特に母乳で育てている場合は、栄養をきちんと補うために食べることが大切です。産後半年ほどは毛の量が減る傾向にありますが、あまりに気になるときは育毛剤を使用しましょう.
直接頭皮につけることで、食事よりダイレクトに栄養を届けることができます。抜け毛を減らすだけでなく、今ある髪の毛をしっかりとさせることもできるので、髪の毛のボリュームを出すことが可能になります。これから生えてくる髪も元気の良い状態にするので、健康的な頭皮環境になり、健やかな髪の毛を多くすることができます。

産後脱毛で育毛剤を使う注意点

産後脱毛に育毛剤を使用するときは、いくつかの注意点があります。まず、産後はいつもよりデリケートな状態になっているので、いきなり頭全体に塗るのではなく、パッチテストを行いましょう。頭皮に問題がないことを確認してから使用します。できるだけ、着色料や香料の含まれていない無添加のものを選ぶと安心です。髪の毛へ栄養を届けることができるようになるので、血行を促進する成分が入っているものを選ぶといいでしょう。肌荒れが気になる場合は、敏感肌用のものが販売されています。付け始めた頃に異常はなくても、乾燥やかゆみなど、地肌がいつもと違う状態になるようでしたら、使用は中止します。また、多く付け過ぎるとベタつきの原因になるので、使用量を守ることも大切です。


<関連情報>

気になる薄毛に産後脱毛にも使える育毛剤とははこちら